スポンサーリンク

【グリーンパイソン】飼育・飼育環境

ヘビ 飼育・飼育環境
スポンサーリンク


長州クリプター@Twitter)です.










【グリーンパイソン】


ー飼育・飼育環境ー









一度見たら忘れることができない独特なとぐろの巻き方をしており,大きな頭部と非常に美しいライトグリーン.


その性格は概ね荒く,神経質.それでいてツリーパイソン系は鳥類を主食としているため歯も長く鋭い.


触れ合う動物では決してありませんが,その魅力にはまってしまった方は多くいますし,コレクション性が非常に高い人気種でもあります.


魅惑的なモレリアの中でも異彩を放つ「グリーンパイソン:GTP」についてその飼育や飼育環境,生態やエサなどわかりやすくまとめていきます.



    【目次】

    1.グリーンパイソンとは
■分類
■生息
■特徴

    2.飼育環境
■飼育ケージ
■温度・湿度
■登り木について
■紫外線

    3.エサについて
■マウス・雛ウズラ
■マウスロット

    4.ハンドリング


    5.まとめ

スポンサーリンク

1.グリーンパイソンとは





 ■分類





爬虫網有鱗目 ニシキヘビ科 オマキニシキヘビ(Moreria)亜属

IUCN Red List:Least concern

現在は生態数の減少と密輸により監視が必要ともされている.



 ■生息





インドネシア

・ニューギニア島,アルー諸島,スハウテン諸島など




各島ごとに色彩の変化や頭部の大きさなどに違いがあります.産地別に収集するマニアもいるほどです.

ビアク産が最も安価で,割と市場でよく見る中で美しい産地はアルー産でしょうか.




オーストラリア

・クイーンズランド州北部



主には熱帯雨林に生息し,完全樹上棲であり,高木・低木にその独特などぐろを巻いてジッとしている.

基本的には夜行性で,エサを探すときなど地面に下りてくることもある.



 ■特徴





一番の特徴は画像のようなとぐろの巻き方です.


gtp


彼らは完全樹上棲で生涯のほとんどを木の上で過ごします.


主なエサは鳥類ですが,一番の天敵も鳥類です.


また非常に歯も鋭く,噛まれるとかなり痛みます.


神経の走行が表層部周囲では神経障害のリスクもありますので注意が必要です.


また,彼らはあまり活動的でなく,移動範囲も限定的です.


ですので地域個体差が激しく,同じ産地であっても微妙に違っていたりもします.


基本的にはビアク産が最も安価

スポンサーリンク

2.飼育環境

 






■飼育ケージ





完全樹上性の彼らを飼育するうえで最も大切なことは高さのあるケージです.


行動範囲は広くないので,飼育ケージ自体もそこまで大きなものは必要ありません.




*概ねこちらのケージでも十分飼育は可能です.




*このくらいのサイズでベビーからスタートして良いと思います.




 ■温度・湿度





基本は高温多湿です.


熱帯雨林は草原や砂漠地方と比較して夜間の温度差がそこまで激しくありません.


ケージ内温度=28℃前後


最高気温:32℃
最低気温:27℃


湿度:70~80%


床材を常に湿らせておくか,むしろ水苔を敷いておいても良いかもしれません.


床材を敷かずに水を張って飼育している方もいます.




水か水苔を敷き,その下からヒートパネルで温めれば高湿度を保つことが可能です.

そして日に数回ほど霧吹きを行ってください.


 ■登り木





必須です.


流木など用いて自然を再現しても良いですし,突っ張り棒など人工物を使用しても良いです.


可能な限り地面と平行になるように設置します.


完全樹上性ですので必ず登り木は設置するようにしてください.


[]

 ■紫外線





概ね必要ないといった意見が多数です.


摂取したマウスや鳥類などからビタミンDは摂取できていると思われますし,夜行性である彼らにUVBは必要ないと思われます.

現状必要かどうか科学的根拠をもった研究結果はありません(私の認識不足かもしれませんが).


よくライトを照らして飼育している方をネット上で見ることが出来ると思いますが,ほとんどはUVBでなくLEDです.


もしも自然の環境をより再現したく,UVBを照射するのであれば,必ず光を遮断するような場所を設けるようにしましょう.

[]

スポンサーリンク

3.エサについて

 






 ■マウス・雛ウズラ





野生下で彼らは主に鳥類を中心に捕食していると言われています.


飼育下では完全栄養食品のマウスに餌付かせるほうが管理も楽であるためおすすめです.


 

多くの方はベビーから飼育することが多いと思います.


購入する際に注意したいことはその生体がマウスに餌付いているかどうかです.


餌付いていなければ雛ウズラから始めてください.



鳥類に対しては意外に反応がいい為,最初は雛ウズラを与えて飲み込み終わる際に小さなピンクマウスも一緒に咥えさせてあげてください

しっかり雛ウズラを食べ始めたら雛ウズラとマウスを同時に解凍するなどして雛ウズラの臭いをマウスに付けるようにします.


そうすることで徐々にマウスに餌付いてくれますので,飼育する場合は可能な限りマウスに移行させてみてください.

(*海外では一部,げっ歯類は必要ないといった論争もあります)






 ■マウスロット





本種はよくマウスロットに罹ることがありますので注意が必要です.


・マウスロットとは



細菌感染による口腔内に膿が溜まる炎症疾患でそのほとんどは外的要因により発症します.


・歯を損傷した
・鼻部の打撲

・口腔周囲の裂創など


通常であれば軽微な外傷は自己免疫力により細菌を抑え込むことが出来ますが,不適切な飼育環境で衰弱している生体には容易に発症します.


処置は膿の摘出と消毒,抗生剤の投与ですが,かならず近医(動物病院)に受診してください.


早期であれば恐ろしい疾患ではありませんが,発見が遅れると細菌性肺炎など重篤な呼吸器疾患を併発しますので注意が必要です.



症状としては


・垂涎がある

・口が完全に閉じない

・呼吸が荒い



視覚的にも症状はわかりやすいため,早期に見つけることが出来ればすぐに命にかかわるものではありません.


スポンサーリンク

4.ハンドリング







「可能であるが積極的には進めない」



ハンドリング可能な個体ももちろんいますし,上手に持つことが出来ればハンドリングも十分可能です.


ですが,歯がかなり鋭く性格も荒い個体が多い為,ハンドリングは極力避けた方が無難でしょう.


gtp 2018.7.1


何度かGTPに噛まれたことがありますが,かなり痛いです. (エメラルドツリーパイソンの方がより痛いといった話も聞きます)


うれしいことに本種は触って楽しむ生物というより,見て楽しむことが出来る種類だと思います.


適切な距離感を保ち,生体にも飼育者にも無駄なストレスは抱えないようにしましょう.



スポンサーリンク

5.まとめ




いかがでしたでしょうか.


GTPについて飼育環境やエサについてまとめました.


どちらかというと少し経験のある中級者向きな種であるとは思います.


ですが,非常に魅力的な本種は生体との適切な距離感を保つことが出来れば産地別に飼育してみたりなど,泥沼にはまっていくことは間違いないでしょう.


しっかり立ち上げ,マウスに餌付かせることが出来れば見て楽しむことができるペットスネークとして非常に魅力的ではないでしょうか.






**生き物を飼育することの是非はここでは問いません.また,本記事は飼育を促進するためものではありません.
生き物を飼育することは命を預かることです.その生体を最後まで責任を持って飼育することが飼育者の義務です.飼えなくなったという理由で逃がしたりすることは絶対にやめましょう

コメント

  1. 金隆山正崇 より:
    初めまして!
    私もグリーンパイソンのデザイナーズとブラ虹のアネリを飼育しているのですが、このブログを見て様々な事を参考にさせて頂いてます。

    グリーンパイソンに関しては生後半年ほどのベビーなのですが、脱皮前を除いて2日に1度ルアリングをしているので給餌するのですが、それに伴い驚異的なスピードでドンドン大きくなっています!

    そのグリーンパイソンに関しての質問なのですが、現在30×30×45のケージで飼育しており、将来的には45×45×60のケージに移す予定です。
    そうなると心配なのが温湿度管理です。
    現在暖突Lにピタリ適温3号を使って温度管理をしているのですが、将来的に移る予定のケージとほぼ同じ65×45×30のケージで飼育しているブラ虹の方が同じ保温器具に、壁一面に断熱シートを貼り付けてようやく温度を維持出来ている状態です。

    その上45×45×60のケージでは暖突Lは中々入らないといった事をチラッと耳にしました。
    その様な場合の温湿度管理のやり方やオススメの保温器具などをご教授いただけないでしょうか?
  2. 金隆山正崇 様 より:
    初めまして.
    返信が遅くなり大変申し訳ありません.

    グリーンパイソンですが,飼育開始初期は餌付けに苦労される飼育者も多い中,2日に1回のペースで給餌ができるとはとてもいい飼育環境なのでしょうね.

    ケージサイズについてですが,グリーンパイソンはもともとあまり活動的な種ではなく,夜間の動きはしますが長距離の移動はしないといわれています.そのため同じ島でも山を一つ越えるだけで違った品種群を見つけることが出来るともいわれています.

    45✕45✕60のケージにLサイズの暖突は,サーモスタットを使用しなければ一発でオーバーヒートしますので注意が必要です.45✕45✕60でしたらMサイズの暖突でも十分保温は可能です.飼育部屋の室温にもよりますが,前面以外をスタイロフォームなどで覆い床面にはパネルヒーターを敷くようにします.登り木は最低2つは準備してケージの上部と中間くらいに設置するようにして温度を選べるようにしてあげてください.

    もし可能であればスタイロフォームなどに挟み込むようにして後面もしくは側面にもパネルヒーターを当ててください.

    またグリーンパイソンの飼育に際して最も重要なポイントは湿度管理です.特に冬期は簡単に50%以下となることもありますので,床面全体に水苔を敷くか水を張ってもいいかもしれません.

    また,暖突Lサイズを3つ以上稼働させるようであればいっそのことエアコン管理にしてしまった方がいいかもしれません.

    暖突は上部を蓋の様に覆ってしまうので,湿度を高く保つ種には非常に効果的ですが,逆に蒸れてしまったりオーバーヒートを起こすこともありますので注意してください.
  3. 金隆山正崇 より:
    非常に詳しい解説をありがとうございます‼︎‼︎
    この度部屋の引越しに伴いオリーブパイソンかエメツリを迎える事を検討しています!

    オリーブパイソンに関しては完全100%このブログの影響ですww
    今後も色々と質問させて頂き、ご迷惑をおかけすると思いますが何卒ご教授のほどをよろしくお願いいたします!
  4. 長州クリプター より:
    >>3金隆山正崇様

    こんばんわ.オリーブパイソンが普及出来て私もうれしいです(笑)
    ここ最近は結構入ってきているみたいですので目にする機会も増えてきましたね.入荷がない時は1年くらい入らないときもあるみたいですけどね.
    私にわかることでしたらお答えいたしますのでこちらこそよろしくお願いいたします.