スポンサーリンク

【アカメカブトトカゲの飼育・飼育環境】

トカゲ 飼育・飼育環境

長州クリプター(Twitter/Instagram)です.







【アカメカブトトカゲの飼育・飼育環境】






特徴的な”アカメ”と黒く,ゴツゴツした体表.なんだか小さなゴジラみたい…

 

しかし,その短い手足とつぶらな瞳,ぷよぷよしたお腹が全てのカッコよさを否定し,もはや爬虫類界の癒し系№1の座を争うほどの可愛らしさを誇る,アカメカブトトカゲ.

 

SNSや動画投稿サイトでも非常に可愛らしい姿を見ることができ,人気は上昇中???

 

ですが,実際には

 

・非常に臆病

・飼育環境の再現が難しい

・餌の管理

 

など,決して飼育が容易な種でない種類かと個人的には思っています.

今回はそんな「アカメカブトトカゲ」についてまとめていきます.




 【内容】

  1.アカメカブトトカゲとは

   ■分類

   ■生息地

   ■大きさ・価格

  2.飼育環境

   ■飼育ケージ

   ■温度・湿度

   ■シェルター

   ■床材

  3.エサ

   ■幼体時

   ■成体時

  4.ハンドリング・慣れる?
 

  5.まとめ

スポンサーリンク

1.アカメカブトトカゲとは

 ■分類



爬虫網有鱗目トカゲ科カブトトカゲ属

 

参照:Wikipedia

 

学名:Tribolonotus gracilis

英名:Red-eyed Crocodile Skink

和名:アカメカブトトカゲ・メベニカブトトカゲ

 

 

カブトトカゲ属には約10種ほど含まれており,日本で流通するものとして

 

・Tribolonotus gracilis:アカメカブトトカゲ

・Tribolonotus novaeguineae:モトイカブトトカゲ

 

あたりでしょうか.

 

過去にはいわゆる「死に種」として非常に弱ったWC個体が多く流通していた時期もあり,1年飼育できれば…くらいの種であったと記憶しています.

 

ですが最近ではCB化も進んでいることと,輸送状態が良くなったのでWC個体であっても比較的飼育が容易になってきた,といった印象です.

 

 ■生息地



インドネシア:ニューギニア島

パプアニューギニア

熱帯雨林の渓流などに生息しており,ジトっと暑いところというよりは少し涼しい環境のようです.

 

 ■大きさ・価格



平均全長:15-20cm

最大全長:25cm

 

概ねアダルト個体になっても手のひらサイズだと考えてもらっていいです.

 

手指も小さく爪も思っているほどではないため,素手で持ってもそこまで痛くないですが,顔は結構大きいので噛まれるとまあまあ痛いです.

 

価格については概ね1万円前後です.

 

展示即売会などのイベントでは1万円以下でも購入は可能で,WC個体が大量に入荷した際などはさらに安価で販売されたりもしています.

 

ただ,ないわけではないのですが,繁殖自体がそこまで積極的に行われているわけではないので今後,輸出規制などで価格が跳ね上がることも十分考えられます.
(トロピクスヨロイトカゲ・ジョーンズヨロイトカゲなどがそうであったように…)

 

モトイカブトトカゲについては概ね2万~3万円前後でしょうか.

 

スポンサーリンク

2.飼育環境

 ■飼育ケージ



本種は臆病であるため,ほとんどの時間をシェルターなどの暗くて湿ったところでジッとしています.

 

ですのでケージ自体はそこまで大きなものを用意しなくてもいいのですが,本種は暑すぎることも寒いことも苦手なので適切な温度勾配を作るためにも最低でも45cm~60cmケージは欲しいところです.



本種はあまり立体活動をしないと思われがちですが,ケージ内で岩山を作ったり簡易的な流木があれば割とエサを探して登ったりしていますので,ある程度レイアウトしてあげるとより良いかと思います.

 

特にある程度太さのある流木は好んでそうな印象です.(個体差はあるかと思いますが…)

 

幼体時などは45cmケージで十分かと思いますが,成体時は60cmケージでも小さいなと感じることもありますので,余裕があれば90cmケージでしっかりとレイアウトしてあげれば生体本来の姿を見ることができるかと思います.


ただし,多頭飼育などする際は60cm以上のケージは絶対に用意しましょう.

 

爬虫類は一部を除き群れて生活する生き物ではないので,小さい環境下に他の生体がいることは少なからずストレスとなります.

 

シェルターを2つ以上は準備し,安心・安全と感じてもらえるような環境作りを心がけましょう.

 

 ■温度・湿度



インドネシア:ニューギニア島とパプアニューギニアは赤道付近の熱帯性気候に属します.

 

概ね高温多湿の環境で構わないのですが,先の項でも記載しましたが,本種は寒さだけでなく暑さにも弱く,通気性も一つのポイントとなります.

 

  温度
最高温度 28-30℃
ケージ内温度 25-27℃
夜間温度 22度前後


本種は主に薄暗い森林や渓流などに生息しているため,比較的低温な環境にいるようです.

 

ただ,最近では現地の農園や民家などでも姿が見られるようになっているので,順応性は高いのかもしれませんね.

 

バスキングスポットについては諸説あり,必要ないといった話もよく聞きますが,25w程度の保温球でバスキングスポットを作っても良いと思います.

 

また,その際にランプタイプの紫外線灯はあっても良いと思います.

 

紫外線についてはビタミンD3のサプリメントを添加すれば必須というわけではないかと思いますが,昼夜の再現の為にも使用することをおすすめします.

 

6/29追記:紫外線についてはレオパなどと同様に夜行性のトカゲに入るため紫外線からのビタミンD3の合成はあまり必要がないとのご指摘をいただきました.




ただ,バスキングスポットを設ける際は必ずケージ内の温度が上がりすぎないようにしてください.

 

本種は通気性のある涼しい環境を好みますが高温には弱い傾向がありますので,夏などは温度が上がりすぎるリスクがありますので必ず広いケージで温度勾配が取れるようにしましょう.


サーモスタットは本種には必須条件かと考えます.


湿度については70%以上は必須です.

本種は皮膚が非常に薄いので乾燥にはとても弱いです.

60%台でも本種にとっては乾燥した環境だと思ってもらっていいです.


個人的には半水棲のトカゲくらいの気持ちで飼育に臨んでいたので,ある程度”水浸し”くらいの環境下でよいかと思っています.(*湿気があるという意味で水を張るといういう意味ではありません)

 

湿度の保ち方としては

 

・ヤシガラ土

・水苔

・テラリウムソイル

 

などがありますが,個人的にはテラリウムソイルが最も適している…というか本種の為の床材ではないかと思うほどです.


高温多湿といった環境は再現しやすいのですが,中温多湿は微妙に難しかったりもします.
(アブロニアよりは良いかも…)

 

 ■シェルター



個人的にはどんな生体であれシェルターは必ず設けるべきかと思っています.

 

特に本種の様に臆病な生体には必須ですし,やはり安心・安全と思える環境は終生飼育には重要な要素だと思っています.

 

私は飼育している生体には可能な限りシェルターは用意し,多頭飼育のものにはシェルターは生体数以上は用意するようにしています.

 

本種のシェルターとしてはある程度湿度が保てるものが良いですが,床材がテラリウムソイルなどを使用していれば十分湿度は保てていると思いますので,レイアウトに合わせたものを利用しても良いかと思います.




その時に注意したい事としては広すぎるシェルターよりは少し窮屈なくらいがベストです.

 

大きすぎるシェルターであっても恐らくその隅っこの方で小さく丸まっていると思いますので,出来れば少し小さめくらいの方が本種にとっては良いと思います.

 

設置する場所としては涼しい場所と少し暖かい場所とにそれぞれ用意し,生体がより快適な環境で休めるように選ばせてあげることも重要かと思います.

 

 ■床材



床材については温度・湿度の項でも少し出ましたが,湿度をいかに保つかが重要となってきます.

 

・ヤシガラ土

 

ヤシガラ土は非常に万能かつ最も自然に近い床材だと思います.

湿度を保つこともできますし,生体が穴を掘ることもできます.


ですが,管理が思っている以上に大変で,ケージ全体の掃除などは非常に面倒となります.

また乾燥してしまうと土埃がしてしまい飼育部屋の掃除も大変に…

 

最も自然に近いものとしては万能な床材ですが,個人的には小さなケージでの使用に留めています.

 

・ウッドチップ

 

ウッドチップも万能な床材として多くの飼育者の方が使用していると思いますが,本種については湿度を維持するには不十分ですのであまり使用はお勧めできないかもしれません.


ただ,本種以外のトカゲでは特に問題なく使用できるものと思っていますし,大きい成体などでしたら園芸用のものを使用されている方もいますね.

 

・水苔

 

水苔は湿度を保つにはこれ以上ない床材だと思っています.

 

ですが,例えば床全体を水苔にしてしまうとほとんどべちゃべちゃな環境ですし,尿や糞の処理が非常に面倒ではあります.

 

水苔を使用する場合はタッパーなどに入れるなどして,一部分だけを水苔にするといった方法がより良いかもしれません.

 

・テラリウムソイル

 

先の項でも記載しましたが,おそらく本種を飼育している多くの方がこのテラリウムソイルを使用しているのではないでしょうか?

 

湿度がしっかり保てることと,個人的には色味が非常に気に入ってはいます.ケージのレイアウト全体がグッと締まる感じがまたいいですね.


使用に関しても湿度維持だけでなく糞の処理も容易で少なくなった場所には追加していけば良いので管理自体は非常に楽だと思います.

 

ただ,全ての床材に言えることですが,1カ月に1回は全ての床材を取り除ききれいに清掃されることをおすすめします.



スポンサーリンク

4.エサ

 ■幼体時



幼体時も成体時も基本は昆虫食だと思ってもらって良いです.


ただし,幼体は比較的流通が少なく立ち上げに難渋します.本邦へは育ったアダルトのWC個体が多く流通しています.

 

幼体時はサイズに合ったコオロギやデュビア,ワーム類を与えます.

幼体時は毎日与えても大丈夫ですが,1日空けてしまっても問題はありませんので「可能な限り毎日与える」くらいの心構えで良いかと思います.

 

本種はその短い手足と比較して大きな頭をしていますので,割と大きめのエサも食べることが可能です.

 

不活性な性質で臆病な性格も相まって,あまりエサに貪欲な印象はありませんが慣れたものはシェルター前でコオロギなどをちらつかせるとすっ飛んでくるものもいます.

 

 

CB個体などでは幼体から飼育することもごく稀にあるかと思いますが,とにかく最初はビビりですのでほぼ間違いなく置き餌だと思います.

 

置き餌だと食べたかどうかわからないといった話もよく聞きますので,コオロギやデュビアが逃げられないような容器に入れ(コオロギは後ろ足を除去する)ておけばどれだけ食べたかが把握しやすいので良いのではないでしょうか?

 

多頭飼育は両生体ともにピンセット給餌が可能な場合の方がエサの管理が楽ですし,片方が痩せすぎてしまう心配もありません.

 

 ■成体時



フルアダルトでも手のひらにのるサイズですので,コオロギやデュビア等で十分です.

 

私自身に経験はないのですが,人工飼料に餌付いたものもいるようで,グラブパイやレオパゲルを与えているといった方もいます.



私が飼育していた頃はまだ人工飼料が多くなかった頃でしたので与えたことはないのですが…

 

いずれにしても生体の肥満に注意しながらビタミンD3及びカルシウムのサプリメントでダスティングした昆虫類を中心に与えていきます.

 

頻度についてはアダルト個体であれば2-3日に1回程度とし,まだ欲しがる程度に留めましょう.

食べるだけ与える事は肥満のリスクとなりますので注意しましょう.



スポンサーリンク

4.ハンドリング・慣れる?



臆病な性格をしている本種ですが,時間を掛ければ環境には十分に慣れてくれます.

 

ただ,よくSNSやショップの画像などで手のひらに乗った本種を見かけますが,本種は身の危険を感じると「完全に固まる」ことがあります.

また,爬虫類には珍しく「鳴く」こともあり,強く警戒しているときなどは「ピャー」(←私にはこう聞こえるだけ)と口を開けて威嚇することもあります.

 

小さいときからハンドリングをすれば概ね慣れるものが多いと言われていますが,本種に関しては完全に個体差が大きいといった印象です.

 

幼体時に無理にハンドリングをしたり追いかけ回したりすると

 

手=恐怖

 

といった具合に手がケージに入ってくるだけで暴れまわる生体も居ますので、購入後しばらくはハンドリングは避け,環境に慣れてきたころに少しずつ触っていっても全然遅くないと思います.

 

2-3カ月もあればかなり環境には慣れてもらえると思います.

 

逆にWC個体を飼育する場合は完全に個体差が必要ですので選べるだけ生体がいるのであれば1匹1匹ハンドリングするなどして最も大人しい生体を選ばれる方がよいかと思います.

 

スポンサーリンク

5.まとめ



いかがでしたでしょうか.

 

【アカメカブトトカゲの飼育・飼育環境】

 

ゴツゴツしたワニの様な胴体とは対照的に,可愛らしい手足とお腹,そして愛らしい”アカメ”.

 

過去には粗雑な輸送にて長期飼育が困難と言われていた本種ですが,最近では長期飼育や自家繁殖の例も認められてきています.

 

臆病な性格ではありますが,飼育環境を整え,時間を掛けて飼育者に慣れてもらえれば,どんな種にも負けない愛くるしいペットリザードになってくれるのではないでしょうか.




**生き物を飼育することの是非はここでは問いません.また,本記事は飼育を促進するためものではありません.
生き物を飼育することは命を預かることです.その生体を最後まで責任を持って飼育することが飼育者の義務です.飼えなくなったという理由で逃がしたりすることは絶対にやめましょう


タイトルとURLをコピーしました