スポンサーリンク

【ツリーモニターの多頭飼育について】

トカゲ 飼育・飼育環境

長州クリプター(Twitter/Instagram)です.







【ツリーモニターの多頭飼育について】






その独特なフォルムと他のモニターにはないような美しい体色,そして迫力のある頭部.

熱狂的なファンが多いツリーモニターですが,意外と多頭飼育をされている方も多い印象です.

その飼育方法は概ね似通っており


・高さのあるケージ

・高温多湿(特に湿度)

・エサは昆虫メイン


などで,生体同士の相性さえ良ければ多頭飼育も比較的可能とは考えていますが,生体同士のケンカやエサの奪い合いなど日頃からよく観察する必要もありそうです.

コバルトツリーモニター,エメラルドツリーモニター,ブラックツリーモニターは実際に飼育したことがありますが,他種同士での多頭飼育は経験がないため,今回は同種においてどうかについてを中心にまとめていきたいと思います.



 【内容】

  1.ツリーモニターの種類

   ■エメラルドツリーモニター

   ■コバルトツリーモニター

   ■ブラックツリーモニター

   ■コルデンシスツリーモニター

   ■イエロースペックルツリーモニター  

  2.多頭飼育の注意点

   ■飼育ケージ

   ■エサの供給

   ■バスキングスポット

   ■シェルター

  3.毎日の観察

   ■給餌

   ■ケガの有無

   ■相性

  4.実際に多頭飼育をしてみて

  5.まとめ

スポンサーリンク

1.ツリーモニターの種類



まずはツリーモニターについてですが,概ね私自身が把握しているもので以下の種があるかと思いますが,すべてではないかもしれません.

また,ハイブリッド個体も知られており,生息域が被る生体については混血種というものもいることも確かです.



 ■エメラルドツリーモニター



爬虫網有鱗目オオトカゲ科マングローブオオトカゲ亜属Varanus prasinus

英名:Emerald tree monitor,Green tree monitor

和名:ミドリホソオオトカゲ


インドネシアのニューギニア島やパプアニューギニアに生息する小型のツリーモニターで,ツリーモニターの中でも最も知名度が高く,市場に出回る生体数も比較的多いかと思われます.



 ■エメラルドツリーモニターの飼育・飼育環境

【エメラルドツリーモニターの飼育・飼育環境】
...



ただ,最近は現地からの輸入が減少してきていることと,CB化が進んでいないこともあってか価格は非常に高騰しています.

一昔前は比較的安価に入手が可能であったツリーモニターでしたが,現在は8-13万程度にて取引されています.

大きさも80~90cm程度と数字だけ見ると少し大きく感じるかもしれませんが,半分以上は尻尾ですので思っている以上に小さいです.

やや臆病で神経質な面もありますが,飼育環境に慣れれば容易にピンセットからも給餌が可能です.


 ■コバルトツリーモニター



21世紀のブルーマジックこと「コバルトツリーモニター」

本種は2001年に新種記載された新しいオオトカゲで,当時はまさか個人で飼育ができるとは夢にも思いませんでした.



 ■コバルトツリーモニターの飼育・飼育環境

【コバルトツリーモニター】ツリーモニターの飼育・飼育環境
...




爬虫網有鱗目オオトカゲ科マングローブオオトカゲ亜属Varanus macraei

英名:Cobalt tree monitor

   Blue tree monitor

和名:アオホソオオトカゲ


インドネシアのバタンタ島に生息しており,ツリーモニターの中では大型な種で1.2~1.4mほどになります.

その美しいコバルトブルーは非常に目を引くものがあり,一度見れば恐らく忘れられないことでしょう.

*爬虫類に全く興味がない 友人でも本種だけは覚えている人がいます.

神経質な印象のツリーモニターの中でも本種は物怖じしないものが多い印象です.

昔入荷していたWC個体なども全く人間を恐れないものも多くいました.人間の手が加わっていない生息地なのかもしれませんね.

他のツリーモニターもそうですが,本種は特に湿度管理が重要で,乾燥した環境ではすぐに白っぽく変色していきます.

国内では札幌の円山動物園が繁殖に成功したことが有名ですね.

日本の動物園水族館では初!アオホソオオトカゲの孵化に成功しました!



 ■ブラックツリーモニター



参照:Wikipedia

 

爬虫網有鱗目オオトカゲ科マングローブオオトカゲ亜属Varanus beccalli

学名:Varanus beccalli

英名:Black tree monitor

和名:クロホソオオトカゲ


漆黒のツリーモニターで,日本への入荷は比較的稀で時折数匹がまとめて入荷します.

生息地がアルー諸島に限られており生息数の減少も今後懸念されます.

以前は漆黒というより,白っぽい黒色をした見るからに状態の悪そうな本種がWCとして入荷していましたが,最近では海外CB個体が入荷されており,飼育開始時の立ち上げに苦労することは少なくなった印象です.

全長90cm程度ですのでエメラルドツリーモニターと同様比較的小型で飼育ケージも準備しやすいかと思います.

以前ほど高価ではなくなりましたが,それでも10万円前後はしますし,アルー諸島固有種であることから今後はCB化が進むことが予測されます.



 ■コルデンシスツリーモニター



爬虫網有鱗目オオトカゲ科マングローブオオトカゲ亜属Varanus cordensis

学名:Varanus cordensis

英名:Kordo tree monitor


以前はエメラルドツリーモニターの亜種として考えられていましたが,現在は独立種として扱われているようです.

インドネシアのビアク島に生息しており,体色に割と個体差があり下地のオリーブ色の面積が多いものやブラックバックの様に黒色したものなどが見られます.

WC個体と海外CB個体が時折市場に出回りますが,割と神経質な個体が多い印象です.

エメラルドツリーモニターに似た体色のものもおり,ハイブリッド個体もいると言われていますが,詳しくは不明です.

全長90cm程度とエメラルドツリーモニター・ブラックツリーモニターと同様に現実的に飼育ができるサイズかと思いますが,やはり高さのあるケージと湿度が重要ですので飼育環境の構築には苦労するかもしれません.



 ■イエロースペックルツリーモニター



爬虫網有鱗目オオトカゲ科マングローブオオトカゲ亜属V.reisingeri

英名:Yellow tree monitor

和名:イエロースペックルツリーモニター(黄色斑点ホソオオトカゲ??)


コバルトツリーモニターと同時期に新種記載された本種.

コバルトツリーモニターの陰に隠れてしまいがちですが,ツリーモニターの中でもどっしりとした体形をしており,コバルトツリーモニターにとてもよく似た印象です.

他のモニター以上に不明な点が多く,繁殖などの情報もほとんど出てきません

日本への入荷も非常に少なく,私も実物は1度しか見たことがありません.

インドネシアのミソール島に生息しているとされていますが,詳しくは不明です.


スポンサーリンク

2.多頭飼育の注意点

 ■飼育ケージ



最小のエメラルドツリーモニターを多頭飼育するにしても少なくとも600×600×900程度のケージは最終的には必要だと考えます.

多くの爬虫類は群れで生活することはないため,狭いケージ内に他の生体がいることはストレスとなります.

少しでもストレスを軽快させる手段としてはまず広いケージを用意することは必須だと考えています.


市販のケージではグラステラのものかトップテラのものが使用されている方が多いかと思われます.


エメラルド・ブラック・コルデンシスツリーモニターであれば上記のケージで,ペアの終生飼育は可能と考えていますが,コバルト・イエロースペックルツリーモニターあたりは少し狭いかもしれませんね.

高さを生かしたケージレイアウトとする場合は温室を利用する方法もあります.


問題点としては高さのあるケージはケージ単体での保温が非常に大変ですので,エアコン管理にした方が良い場合もあります.



 ■爬虫類の電気代について

【爬虫類の電気代について】
...




 ■エサの供給



個人的には草食性のトカゲの方が多頭飼育には向いていると考えています.

多くの場合,食料は潤沢にある場合がほとんどですし,動き回る必要性もありませんからね.

グリーンイグアナなどが良い例かと…



 ■グリーンイグアナの飼育について

グリーンイグアナの飼育・飼育環境~石垣島に帰化?爬虫類入門種?~
...




逆に肉食性のトカゲについてはある程度は潤沢なエサの供給がなければ尻尾や手指に噛みついたりなど問題が多くなる印象です.

ですので臆病な生体が多い本種たちはある程度ピンセット給餌が可能な種を中心に多頭飼育をされた方が良いかと思います.

置餌ではどちらがどの程度食べたかがわからないので一方だけに偏ってしまいます

体格差が出てしまえば小さい方がストレスから拒食するものもいますので,こちらである程度給餌量をコントロールできるくらいは必要かと考えています.

ツリーモニターはほとんどの種でエサは昆虫がメインとなりますので,大きさに合わせたコオロギ・デュビア・イナゴ・ワーム類などを与えます.


乾燥エサなどに餌付けは管理は楽だと思いますが,デュビアもコオロギよりは管理が楽だとは思っています.



 ■バスキングスポット



なぜか彼らはバスキングスポットにて小さい生体が大きい生体の上に乗ります.

大きい生体もそんなに嫌ではない??

そんな光景をよく見かけます.



個人的にはスポットは1つでも良いかと考えていますが,自然界ではバスキングスポットが限られることは少ないので,2つあっても良いのではないかとは考えています.

紫外線灯も割と熱くなるのでそちらを代用しても良いかとも思います.あくまでメインはバスキングランプですが.



 ■オオトカゲの紫外線について

【オオトカゲ・モニターの紫外線について】
...

 ■爬虫類の紫外線について

【爬虫類の各生体における紫外線について】~トカゲ・ヘビ・カメ・ヤモリ~
...




最近では紫外線灯とバスキングランプが一体となったセルフバラスト水銀灯が主流となりつつあります.





蛍光灯タイプではズーメッド社のものやポゴナクラブの紫外線灯がよく使用されています.







 ■シェルター



飼育開始時にシェルターを入れるとそこに引き籠り臆病な生体になるとよく言われますが,まずは安心・安全と思える飼育環境を構築することがまずは一番ですのでシェルターは設置することをおすすめ致します

多頭飼育する場合は少なくとも1匹1つのシェルターは必要です.

シェルターの他にも人口の観葉植物などで隠れれるようなブッシュを作ってあげても良いかと思います.

シェルターは樹上に設置できる鳥用を用いられているかたもいらっしゃいますし,床に置かれている方もいらっしゃいます.
(私は床に2段のシェルターを設置しています)

コバルトツリーモニターは割と臆さないものも多いですが,エメラルドツリーモニター・ブラックツリーモニター・コルデンシスツリーモニターは臆病なものも多いのでシェルターはあった方が良いと思います.

イエロースペックルツリーモニターはよくわかりません…

いずれにしても他の生体との同居が全くストレスフリーというわけではないので安心・安全と思えるシェルターは多頭飼育だけでなく単独飼育でも用意してあげましょう.


スポンサーリンク

3.毎日の観察



基本的に多頭飼育する場合は毎日の観察が非常に重要となります.


・エサは食べているか?

・ケガはないか?

・お互いに威嚇していないか?


などよく観察するようにしましょう.もしも全く生体を見ることができない場合は監視カメラなどを使用して状態を把握しておく必要はありそうです.




 ■給餌



前述したとおり多頭飼育をする場合はエサの給餌量のコントロールは重要な要素だと考えています.

ツリーモニターは毎日もしくは1日おきに給餌する必要がありますので,その都度サイズに応じたコオロギ・デュビアを中心に時折ササミやハツ,ヒナウズラなどを与えます.

ヒナウズラもあくまで雛ですので,カルシウムの含有量は少ないことが懸念されますので,可能な限りカルシウム剤をダスティングすることは非常に重要です.


私は多頭飼育している生体で,非常に環境・人にも慣れたものに対しては違うケージに移動して与えることもあります.

片方が食べているときにそのエサを奪い取ろうとするものが非常に多いので,素早く両生体に給餌し,「2匹とも食事中」の状況にした方が良いと思います.

ピンセットでコオロギやデュビアを捕まえるのは少しコツが要りますが,慣れている方はびっくりするくらい出際が良いです.


 ■ケガの有無



日頃どんなに仲良さそうであったとしてもケンカはします.

モニターの多頭飼育は何度も行ってはきましたが,何かのタイミングで追いかけまわしたりすることは確かにあります.

なぜか毎回小さい方が勝つ気がしますが…。
(チビイエローヘッドがカミンギーを追いかけていたときはさすがにびっくりしました)

毎日ハンドリングはせずとも必ず体に傷がないかチェックしましょう.

見るポイントとしては

・指の欠損

・手足の付け根

・首元

などでしょうか.

万が一ケガをしている様であればすぐに引き離し,別のケージでしばらく様子を見た方が良いです.

以外にケンカ後はケロッとしていますが,ケガをした生体は強いストレス下にあることが考えられますのである程度の療養は必要です.

万が一ケガをした際は,その程度にもよりますがまずは動物病院への受診をおすすめ致します

ベテラン飼育者の方などは抗生剤入りの軟膏を使用される方もいらっしゃいますし,傷の状態によってはしばらく全身が浸かれる水容器などをケージから除くなどして経過をみるかたも多いです.

私もケガをした際は消毒と全身が浸かれる水容器を外し,抗生剤の軟膏にて様子を見ることが多いですがまずは獣医師の判断を仰ぎましょう.


 ■相性



こればかりはしばらく様子を見ないとわかりません.

爬虫類にも性格があり,攻撃的なものもいれば臆病で逃げ回るもの,無関心なものなど様々です.

ただ言えることは一方が常に怯えている様子や喉を膨らませて威嚇している様子が常に見られるようであればケガをする前に,その生体の多頭飼育は困難だと判断された方が無難かもしれません.

相性が良い,もしくはお互いに無関心なものは同ケージに入れてもお互い逃げることも追いかけることもせず,「我関せず」といった感じです.

先に入居しているツリーモニターのケージに他のモニターを入れると先に入っていたものが威嚇することが多いので,もし同時期に飼育を開始されたのであれば同時期に同ケージでの生活をスタートさせてあげた方がスムーズかもしれません.


スポンサーリンク

4.実際に多頭飼育をしてみて



現在飼育しているのツリーモニターはエメラルドツリーモニターですが,同時期に購入して同じタイミングで現ケージでの飼育を開始しているため,今のところ目立ったトラブルは見られません.

バスキングスポットも2つ用意していますが,流木の設置場所の関係からより温まっているスポットに2匹ともよくいますが,それ以外はお互いお気に入りの場所があるようです.

ペアで飼育を開始し,オスはヘミペニスを確認し,メスはヘミペニスは確認できず,尻尾の付け根の太さもなく,顔もオスに比べて隆起が少なく小さいため,まず間違いなくペアだとは思っています.

メスは全長70cmほどでほぼアダルト個体ですが,オスが50cm後半程度ですので来年あたりに繁殖も期待できるかとは考えていますが,エメラルドツリーモニターに関して繁殖のレポートがないので正直うまくいくかはよくわかりませんが…

今まで

・イエローヘッド×イエローヘッド

・イエローヘッド×カミンギー

・コバルトツリー×エメラルドツリー・ブラックツリー

などモニターの多頭飼育を見てきましたが,リスクもありますが個人的には生体のいろいろな表情を見ることもできますので1つの飼育方法としてはありかとは思っています.



スポンサーリンク

5.まとめ



いかがでしたでしょうか.


【ツリーモニターの多頭飼育について】



比較的小型のモニターですが,樹上棲のため高さのあるケージが必要となるため,ある程度の設備投資は必要となってきます.

ケガや成長差,生体のストレスなどもちろんリスクもありますが,大きなケージでの多頭飼育はまた違った一面も見れるので日々の観察など大変ですが一考の余地はあるかと思います.

*あくまで個人的な経験や知見をもとに書いていますので,絶対に安全というわけではありません.多頭飼育は飼育者の判断で自己責任にて行ってください.




**生き物を飼育することの是非はここでは問いません.また,本記事は飼育を促進するためものではありません.
生き物を飼育することは命を預かることです.その生体を最後まで責任を持って飼育することが飼育者の義務です.飼えなくなったという理由で逃がしたりすることは絶対にやめましょう


タイトルとURLをコピーしました