1535544857641



長州クリプター@Twitter)です.












【初めての飼育におすすめなトカゲ 5選】

 










昨今は展示即売会や爬虫類カフェ,SNSの普及に伴い,爬虫類に触れる機会が多くなっているかと思います.




初めて爬虫類を飼育する際に最も気になることは






・飼いやすい

・丈夫

・慣れる

・安い(?)

・日々の維持管理費







ベテラン飼育者の方からすると「ん?(怒)」と思うこともあるかもしれませんが,いきなり最初からアブロニアというわけにもいかない気もしますしね.




ですので今回は上記の特徴に沿ったおすすめのトカゲについて個人的見解を交えてまとめていきます.








   【目次】


  ■おすすめトカゲ5選


   ・フトアゴヒゲトカゲ

   ・サバンナモニター

   ・トゲオアガマ 

   ・アオジタトカゲ

   ・トゲオイグアナ







・フトアゴヒゲトカゲ


フトアゴヒゲトカゲ




■飼いやすさ ★★★

■丈夫さ   ★★

■慣れやすさ ★★★

■生体価格(安) ★★★

■維持管理費 ★★





言わずと知れたトカゲ界のスーパースター.爬虫類ショップだけでなく,総合ペットショップからホームセンターに至るまで,様々な場所で目にすることが多い生体でもあります.


また,CB化も進んでおり野生採集個体(WC)はいないと思ってもいいでしょう.


食性は雑食で,昆虫や野菜類を食べます.


注意したいところは幼体時からヤング(45cm程度)までは成長による基礎代謝量が増大しており,昆虫食は可能な限り与えます.


ですが,45cmを超えたあたりからは腎臓にかかる負担が強く,腎機能不全を発症するリスクが高まります.







*樹上棲でなく地表棲であるため,ケージには床面積が必要です.飼育開始時は60cm程度の水槽から始め,最終的には90cmの飼育ケージは必要となります.







食いつきが良いのでたくさん与えたくなるとは思いますが,野菜をメインとして蛋白質は豆類から主として摂取するようにします.


おやつ程度に与えないと,昆虫以外食べなくなる生体もいますので注意が必要です.








*給餌の際には必ずこちらのカルシウムを昆虫に付けて(ダスティング)与えてください.カルシウム不足はクル病などの病気の原因となります.










・サバンナモニター


IMG_20180829_162642



■飼いやすさ ★★

■丈夫さ   ★

■慣れやすさ ★★

■生体価格(安) ★★★

■維持管理費 ★★★





続きましてはオオトカゲ界からの





べた慣れリザード





春先から初夏にかけてFHのベビーが大量に輸入されるモニター(オオトカゲ)です.


アフリカ大陸のほぼ全域に棲息するモニターでアフリカのモニターでは最も小さい種です.


専門ショップはもとより,総合ペットショップにも1~2匹程度は販売されているところをよく見かけるようになりました.






*飼育方法などについてはこちらをチェック↓↓↓





最大でも1メートル程度までしか成長しないため,モニターの中では比較的飼育のハードルは低いかと思われます.



しかし,本種は乾季と雨季とでの代謝バランスが異なり,自然界では休眠をします.



そのため,他種と比べると脂肪の蓄積が早く,エサの与えすぎは容易に肥満します.


脂肪体が他臓器を圧迫することによる多臓器不全で死に至る例が多いです.





また本種のCB化が進まない要因として,肥満個体は脂肪体が大きくなることで生殖器に圧が加わり機能不全に陥るためとも考えられています.


(安いので収益化が難しいというのが1番の理由だと思いますが...)



食性は肉食で,幼体時から昆虫を中心に与え,時折マウスやウズラなどを与えます.



樹上傾向はない為,床面積の広いケージを用意しましょう.












本種は非常に食に貪欲で,その為飼育者にも比較的慣れやすい傾向がありますので,初めてのオオトカゲに本種はおすすめしやすいのかもしれません.







*昼行性のトカゲの飼育に紫外線はほとんどの種類で必要です.必ず準備しましょう.ソーラーラプターのマーキュリーランプは紫外線量が頭一つ抜けているのでおススメです.











・トゲオアガマ


IMG_20180829_163453



■飼いやすさ ★★


■丈夫さ   ★★★

■慣れやすさ ★

■生体価格(安) ★★

■維持管理費 ★★







まん丸頭の可愛いトカゲ,トゲオアガマの仲間たちです.


トゲオアガマはここから各亜種に分類されますが,ここでは1種としてまとめます.


IMG_20180829_163506

*高校生の時に初めてのバイト代を使い,自分自身で購入した爬虫類はトゲオアガマでした




本種は砂漠地方に生息するトカゲで,雑食性ではありますが草食が強い傾向でもあります.


砂漠地方に棲息するトカゲは総じて丈夫なものが多く,寒暖差にもかなり強いです.


砂漠は熱を遮るものも,熱が籠る場所もほとんどありません.


ですので夜間は急激に気温が低下します.


乾季では最高気温40℃最低気温10℃といった過酷な環境下で生息している個体もいるほどです.




 

さて本種においては基本的に水分は野菜から摂取することが多いのですが,食べなかったからといってすぐに取り出すのは控えた方が良いです.


彼らはジューシーな葉っぱよりも乾燥して枯れた状態のものを好んで食べます.


ですので,食べ残しの野菜がそのまま床材になっている飼育者のいます.


ここは生体によって個体差もありますし,飼育者のスタイルによっても変わってくるのかもしれませんね.


また本種はホットスポット下は50℃程度まで上げる必要もあります.


ジリジリと日差しが照り付けるように強めのバスキングライトを用意しましょう.

(オーバーヒートに注意.必ず涼しい場所を設ける)





*最も高温になるバスキングスポットはZOOMED社のパワーサンUVです.直下に移動されないような石などを準備しジリジリ照り付ける太陽を再現してください.









・アオジタトカゲ

IMG_20180829_163225



■飼いやすさ ★★

■丈夫さ   ★★★

■慣れやすさ ★

■生体価格(安) ★★

■維持管理費 ★★★



短い手足に大きな頭.見た目的にはツチノコっぽい印象をうけるアオジタトカゲです.


実は非常に丈夫で人工飼料にも良く餌付く優秀なトカゲでもあります.


もちろん専用ケージでレイアウトしてもいいですけど,多くの生体を飼育している方は衣装ケースなどで飼育している人も数多く知っています.

IMG_20180829_162945

*特徴的な青い舌.オーストラリアで撮影.サンタクロースみたいなおじいさんはアオジタトカゲとモモジタトカゲが大好きみたいで相当数いたのを覚えています.



紫外線については多くの方は必要ないとのことですが,弱い紫外線はあっても良いかもしれないですね.


強い日光・光は苦手なようです.保温は基本的に床面からヒートパネルで行います.


また足も短く立体活動をほとんどしませんので高さのあるケージも必要ありません.


いいとこだらけのトカゲですが唯一の難点があるとすれば



「糞が臭い」



ことでしょうか.





フトアゴヒゲトカゲもそうなのですが,基本的に雑食性のトカゲの糞は非常に臭います.









*糞の匂いに対してはジクラの万能消臭剤にて多少は軽減できます.床材やペットシーツを使用するなどの工夫も必要ですが,大切な事はこまめなメンテナンスです.












・トゲオイグアナ


IMG_3664.CR2


■飼いやすさ ★★★


■丈夫さ   ★★★

■慣れやすさ ★★★

■生体価格(安) ★

■維持管理費 ★



最後にトゲオイグアナの仲間です.


こちらも多くの種類が存在しますが,主にはクシトゲオイグアナを中心に考えていきます.


本種はイグアナの仲間になるのですが,尾に棘があることが特徴です.


イグアナは1.5~2m近くまで成長し,体型もどっしりしていますので非常に飼育スペースをとります.


ですが本種は最大でも1m前後までしか成長しませんので概ね既製品のケージで終生飼育が可能です.


クシトゲオイグアナは幼体時は警戒心が強いですが,成長とともに落ち着いてきます.




クシトゲオイグアナの中でも黄色味の強いバナナスパイニーテールイグアナについては総じて物怖じせず大人しい個体が多い為,非常に飼育は容易です.





*トゲオイグアナの飼育等についてはこちらをチェック↓↓↓







ただしバナスパは生体そのものが高価なのでクシトゲオイグアナのほうが人気が出てもおかしくないのですが,今のところあまり人気はないかなといった印象です.



個人的には成体時はゴジラみたいで非常にカッコいいのでもっと認知されてほしいなとは思っています.






*イグアナは樹上棲の傾向が強いので高さのあるケージが必要です.











【まとめ】



いかがでしたでしょうか.






【初めての飼育におすすめなトカゲ 5選】






こうしてみると全体的なバランスが良いのはフトアゴヒゲトカゲやアオジタトカゲですね.


飼育設備面なども考慮するとアオジタトカゲに軍配が上がりそうです.




最初は誰でも初心者です




私も初めて爬虫類を飼育したときはいろいろ調べまわったものです.


ただ,生体は飼育者を選ぶことはできないので,彼らにとって飼育者が私でよかったと思ってもらえるような飼育環境を提供してあげてください.







*タフキュービックはアルミ製のフレームで今までにない斬新なケージです.






こちらの記事も合わせてどうぞ↓↓↓



*生き物を飼育することは命を預かることです.その生体を最後まで責任を持って飼育することが飼育者の義務です.飼えなくなったという理由で逃がしたりすることは絶対にやめましょう