1530088320480



長州クリプター
@Twitter)です.













ミズオオトカゲ【サルバトールモニター】

ー飼育・飼育環境ー














本種は東南アジアからユーラシア大陸の南部に生息しています.




そのため東南アジアの島々によってそれぞれ独立した亜種が存在し,大きさやカラーなど 様々です.




ですが,基本的な飼育方法はほとんど同じですのでここではまとめて紹介していきたいと思います.






    【目次】


    1.ミズオオトカゲとは
     ■分類
     ■生息
     ■大きさ

    2.飼育ケージ
     ■幼体時〜ヤング
     ■亜成体〜成体

    3.飼育環境
     ■温度,湿度
     ■紫外線

    4.エサ
     ■幼体時〜ヤング
     ■亜成体〜成体

    5.飼育の心構え
     ■懐くのか
     ■噛まれたら

    6.まとめ







1.ミズオオトカゲとは



 ■分類



爬虫網有鱗目オオトカゲ科ミズオオトカゲ亜種




基亜種とされるサルバドールモニターはスリランカに生息する個体群のみとされています.



本種の中で最も大きくなる種とされておりますが,恐らくは様々な交配により個体差が激しい事もまた事実です.




ですので本種は原産の島によって別亜種とされ7種の亜種が存在しています.


IMG_0942
(写真はcumingi water monitor)


 ■生息


ユーラシア大陸南部(スリランカ,中国南部,インド)から東南アジア全域.各島によって別亜種が存在する.



IUCNのレッドリストではLeast Concernと保護の対象ではありませんが,種によっては厳密に保護されています.




 ■大きさ


春先〜展示即売などでは実に多くのベビー〜ヤングが店頭に並びます.




ベビーは全長50cm程度で販売されている事が多いのですが,基亜種の最大全長は




・2.5メートル




基亜種に限らずミズオオトカゲは尻尾が長いです.


そして比較的スリムな体型をしていますので思っている以上には大きくありませんが恐らくは大人一人で制圧する事は難しいでしょう.



IMG_20181104_214242





2.飼育ケージ



 ■幼体時〜ヤング



全長1メートル程度までは市販のケージで十分飼育可能です.



ミズオオトカゲはイグアナやアガマ系と比較すると力が強いです.


ですので基本的には逃げられない為にまずは既製品のケージを強くオススメします.











ベビーの成長はとても早いので可能であれば初めから大きなケージで飼育しても構いませんが,飼育初期はバタつく生体が多いです.



立ち上げ時は小さめのケージで飼育したほうが慣れやすいと言った話も聞きます.



すぐに新しいケージを買うことになるかもしれませんが,45cmケージで飼育を始めてもいいかもしれません.










 ■亜成体〜成体



1メートルを超えたあたりから成長は鈍化してきます.



尻尾が長いため何とか既製ケージでの飼育も可能ですが,慢性的な運動不足が懸念されますので150〜200cm程のケージは用意したいところです.





そのサイズとなると特注もしくは自作ケージとなります.ミズオオトカゲは特定動物に指定されていませんので自作ケージについては自己責任となります.




くれぐれも脱走だけは避けたいところです.
(大型の生体が脱走すると非常に危険です)



IMG_20180522_220221










3.飼育環境






 ■温度,湿度



ユーラシア大陸南部から東南アジアにかけては熱帯モンスーン気候で基本的には高地を除き一年中蒸し暑い日が続きます.





平均気温:29℃(タイ)





日本の様な四季はなく乾季と雨季に大別されます.



ですが年間通じて日中は30℃以上にはなりますのでホットスポットは
35℃程度は欲しいところです.



夜間は熱帯雨林は砂漠地帯と違い熱が下がりにくいため,可能な範囲夜間の温度も大きく下げるべきではないです.



具体的には






・ホットスポット:35℃

・ケージ温度:28〜30℃

・夜間温度26℃前後








*ケージ全体の保温には暖突がおススメです.







*非常に熱くなるので必ずサーモスタットにてコントロールしましょう.








 ■湿度



熱帯モンスーン気候である為,年中蒸し暑いです.





平均湿度:75%





日本での7-8月くらいの気候が1年中と思えば良いのではないでしょうか.



またミズオオトカゲは水生の強いトカゲです.ケージ内には必ず全身がゆったりと浸かれる水容器を設置しましょう.









また水容器の下にヒートパネルなどを設置すると程よく湿度が保たれます.












 ■紫外線




昼行性のトカゲに紫外線は必須です.




タイ,東南アジアは赤道付近の国々であり紫外線は日本よりかなり強いです.




基亜種を含み生体の模様や発色の多くは紫外線に依存します.




またカルシウムの吸収にはビタミンD3が必要です.




紫外線の強さを考慮するとメタハラを強くオススメしますがとても高価です.










こういった紫外線ライトなども売っていますがやはり紫外線量は少ないと言われています.







最近は安定期内蔵の紫外線ライトも販売されています.

*最近はセルフバラスト水銀灯も充実してきておりますのでメタハラ導入を検討する際にはこちらも一考の価値はあると思います.




*個人的には最も紫外線了解の多いラプターをオススメします.






IMG_20181014_194627_269





*資金に余裕があればメタハラはぜひ導入したいアイテムです.







 




4.エサ



 ■幼体時~ヤング




野生下でのミズオオトカゲは昆虫を中心に魚や甲殻類,カエルやヘビ,鶏の子供に卵など基本的になんでも食べます.




生息域も熱帯雨林だけでなくタイの都心部にも生息域を広げており,死肉や魚の死骸なども食べます.




モニターを飼育するうえで基本となるのは





「肥満にしない」





野生下で栄養豊富なげっ歯類などはほとんど捕食することはないでしょうから,幼体時はほぼ無脊椎動物を食べていると言われています.




コオロギを中心にデュビアや時折小魚や鶏のササミなどを与えます.




昆虫食であれば毎日与え,小魚やササミを与えた後は1日ほど空けても構いません.




爬虫類は総じて飢えには非常に強い生物です.2-3日エサを与えなかったとしても問題はありません.





■亜成体~成体




全長が1メートルを超えてくると徐々にモンスターとしての風貌がでてくるかと思います.




この時期では昆虫食での管理はかなり困難となります.




彼らは非常に泳ぎが得意なトカゲで,水生が非常に強いです.




現地では水辺のものはなんでも食べますので,魚や甲殻類,鶏のハツやレバーなども与えても良いでしょう.





我が家のミズオオトカゲ(カミンギーモニター)は1メートルを超えたあたりから冷凍雛ウズラや鶏のハツ・レバーそして手羽はしの骨を砕いたもの,魚の切り身と肝,小さければ丸ごと,エビ・カニなどを与え,時折成虫のデュビアにしており,げっ歯類はほとんど与えたことはありません.


数カ月に一回ほどヘビたちが食べなかったファジーやホッパーマウスの様な小さいサイズを与えています.


IMG_20180523_161629
(小分けにして冷凍保存)







5.飼育の心構え



 ■懐くのか



個人的にはここがとても大切なことだと思っています




モニターは大型のトカゲであるため他の爬虫類に比べて頭がいいと思います.





ですがそれは犬や猫のようにではなく,あくまで警戒しなくなった程度だと思ってもらえればと思います.




餌を与える飼育者の顔も覚え,名前を呼べば寄ってきます.




海外のサイトなどを見ると人間の背丈ほどのモニターを抱っこしている写真などを見ることもできるでしょう.




ですが,あくまでそれらのモニターはごく一部です.







本来は野性味あふれる個体で,危険な面も多々あります.




そんな生物が
愛玩動物のように懐いている姿が珍しいからクローズアップされているだけで多くのモニターはそうではないということを頭に入れておいた方がいいと思います.







懐きませんが,環境や飼育者に慣れてくれます.







また,部屋に放し飼いにされている方や外を散歩されている方もよくお見掛けしますが,その方たちはモニターの飼育歴も長く,その生体について誰よりも熟知されているプロフェッショナルです.



誰にでもできることではありませんので,まずは飼育している生体との信頼関係を時間をかけて構築していってください.


IMG_20180518_222047
(神経質と言われるcumingiでも自ら腕に登ってきたりはするようになる)



■噛まれたら



大型となったこの種に噛まれることはあまり想像したくはありませんが,やはり生き物ですのでどんなに慣れていても噛むことはあります.








モニターの歯は非常に鋭く顎の力もヘビなどとは比べものになりません.




噛まれてすぐに離してくれれば良いのですが,噛んだまま離さない個体もよくいます.




無理に引き離そうとすると傷口が裂けて感染のリスクが高まりますので可能であれば生体が離してくれるよう促しましょう.





具体的には




・口腔内に割りばしやピンセットを入れる(傷つけない様に)

・ケージ外であればゆっくりケージ内に戻してお腹をしっかりと床材に付ける

・きれいな水があればその中に入れる(糞などで汚染された水容器は✕)







などで,簡単に言うと落ち着かせてあげることが肝要です.




噛まれた後は流水でしっかりと傷口を洗い流しましょう.傷口の腫れがひかない,化膿してくる場合はすぐに医療機関に受診するようにしましょう.




爬虫類の咬傷で危険なのはサルモネラ菌の感染です.最悪の場合,敗血症を発症するリスクがありますので注意が必要です.




また大型のモニターに手指など咬まれた場合は指の腱や神経を損傷している可能性もあるため専門医の診察を受けるようにしましょう.





*皮手袋は必須アイテムです.↓↓↓






6.まとめ



いかがでしたでしょうか.



ミズオオトカゲは爬虫類の中でも大きく,そして抜群にカッコよく頭も良い種です.



IMG_20180920_065001





ですが,大型であるということはそれだけ危険であるということも理解する必要があります.




育て上げたミズオオトカゲは本当に素晴らしいトカゲだと思います.



飼育する際は大きくなっても
終生飼育ができる環境を提供できるよう心がけていきましょう.





*モニターの慣らし方はこちらをチェック↓↓↓







**生き物を飼育することの是非はここでは問いません.また,本記事は飼育を促進するためものではありません.
生き物を飼育することは命を預かることです.その生体を最後まで責任を持って飼育することが飼育者の義務です.飼えなくなったという理由で逃がしたりすることは絶対にやめましょう