1530797373854



長州クリプター@Twitterです.






昨今,爬虫類の展示即売会などのイベントが各地で催され,爬虫類カフェのように爬虫類と触れ合えるカフェも徐々に増えてきています.




それと同時に爬虫類と接する機会が増えてきていることもまた事実ですし,若い方を中心に爬虫類人気は年々増しているようです.




その中で特に人気のある種は









和名:ヒョウモントカゲモドキ
英名:レオパードゲッコー
通称:レオパ









であることに相違ないかと思います.



個人的には特に女性に人気があるといった感じです.



今回はそのレオパの飼育するうえで,繁殖を狙っている方や,購入した生体がオスなのかメスなのか知りたい方などの参考になればと思い,性別の見分け方についてまとめました.





    【目次】

    1.レオパとは
     ■分類
     ■生息
     ■モルフ

    2.オス・メスの見分け方
     ■オス
     ■メス

    3.まとめ








1.レオパとは




 ■分類
  

爬虫網有鱗目トカゲモドキ科Enblepharis属ヒョウモントカゲモドキ





 ■生息
 

アフガニスタン・パキスタン・インド北西部・イランの一部




岩場や草原,乾燥地帯に生息しています.基本的には夜行性で群れることはありません.日中は岩の隙間や巣穴で過ごしています.




 ■モルフ



かなり多くのモルフが産出されていますが,ここでは名前だけ挙げていきます.




・ハイイエロー
・タンジェリン
・マックスノー
・アルビノ
・エメリン
・ブラックパール
・ラプター
・エニグマ
・エクリプス
・サングロー
・ブレイジングブリザード
・ギャラクシー etc




20180623173708
(ハイイエロー♂)

20180623173655
(ブリザード♀)



覚えてる範囲書いて,少し調べて書いてきましたが,まだまだあります.



個人的には純白なブレイジングブリザードが最も美しいモルフかなと思っています.








*レオパの飼育にはこちらのケージがおススメ↓↓↓


*レオパは様々な飼育ケースが利用できます.プラケースやダイソーのシューズケースなんかも使用している方もいらっしゃいますね.










2.オス・メスの見分け方



モニターに比べると非常に楽です.またヘビと比べてもリスクも少ない.
(ヘビの場合は専用の器具を用いて総排泄溝孔の深さを調べる為,臓器を損傷するリスクがある)



レオパの場合は排泄孔の形とクロアカルサックと呼ばれるヘミペニスを収納している部位で凡そ判別可能ですが,見た目での判断はかなり難しいです.



また性成熟していないオスメスの判別も割と難しかったりします.どうしても困難な場合は専門のショップで見てもらいましょう.





 ■オス


ハイイエローのオスです.この子はすごくわかりやすいです.ここまではっきりクロアカルサックがわかれば判別も容易です.


IMG_20180705_214029


IMG_20180705_214054





 ■メス


こちらも同じくハイイエローのメス.先ほどのオスよりも一回り大きいのですが,クロアカルサックがありませんね.


性成熟していればここまでわかりやすいため,判別は容易です.


IMG_20180705_214328

IMG_20180705_214127


横から見ると少し膨隆があるようにも見えますが,正面から見る方がわかりやすいです.
(下記写真はブリザード♀ *全て管理人飼育個体)


IMG_20180705_214156










3.まとめ




いかがでしたでしょうか.


少し簡単ではありますが,レオパの性別の見分け方についてまとめてみました.正直モニターやニシキヘビの判別に比べれば非常にわかりやすくペアで揃えやすいですね.


*ヘビの性別には専門のプローブにて調べます.正直私もあまり慣れてませんし,ベビーは怖いので購入前位にショップで慣れた店員さんと一緒に確認します.


*モニターの判別は成体であればオスについてはヘミペニスの膨隆部が総排泄孔の遠位部にありますし,排泄の瞬間にヘミペニスが出ることもあります.ですが正直絶望的にわからないです.ミズオオトカゲはメスが多く,ツリーモニターはメスが少ないと聞いたこともありますが,真意は不明.




将来的に繁殖を考えているのであればペアで揃えてもいいでしょうが,繁殖後のことまでしっかり計画するようにしましょう.






*レオパの記事はこちらもチェック↓↓↓










こちらの記事も合わせてどうぞ↓↓↓




*生き物を飼育することは命を預かることです.その生体を最後まで責任を持って飼育することが飼育者の義務です.飼えなくなったという理由で逃がしたりすることは絶対にやめましょう