1526998167785



長州クリプター@Twitter)です.













【爬虫類の飼育ケージについて】

~既製品と自作ケージ~














大型種を飼育するうえで必ず越えなければならない壁である飼育ケージ.




皆さんどうされていますか?




専門ショップやイベント等の展示即売会などで販売されているもののほとんどは幼体~ヤング個体で成体になった時にどこまで大きくなるのか.




どの程度のケージが必要になるのかなかなかイメージがわきませんよね...




今回は爬虫類飼育の中でも比較的大型になる種類のモニターとモレリアの飼育ケージについて考えていきましょう.










 飼育ケージ 既製品VS自作ケージ


   1.モニターの飼育ケージについて
                  ■各種類について
     ■床面積の重要性

   2.モレリアの飼育ケージについて
     ■ケージサイズ
     ■飼育ケージの注意点
 
   3.自作木製ケージ
     ■メリット
     ■デメリット

   4.まとめ











1.モニターの飼育ケージについて


IMG_1134




■各種類について




モニターといっても...

水辺に生息するミズオオトカゲ


IMG_2837


樹上棲のツリーモニター

IMG_2843.CR2



地上棲のモニター

263467
出典:Biolib.cz


小型のドワーフモニター

IMG_20180617_221037




上記以外にもその種類は多岐にわたります.



今回はその中でも比較的大型なケージが必要なミズオオトカゲと地上棲のモニターについて考えていきます.







■床面積の重要性



野生のモニターは1日の生態はどうなっているのでしょうか?






起床→バスキング→エサ探し→バスキング→エサ探し→就寝





簡潔にはこんな感じではないでしょうか?つまり1日活動時間の多くをエサ探しに使っていると思われます.




1日中歩き回ってようやく小さな昆虫もしくは魚の死骸...げっ歯類など滅多と食べることはできないご馳走ですよね.




つまり活動範囲を,ケージでいうと歩き回れるサイズは最低限必要となります.理想は1部屋明け渡すことかもしれませんが,現実的には困難です.




ですので,生体の全長プラス1.5倍くらいのケージがあればある程度の運動量は確保できると思います




飼育環境下では運動不足を補うことはほぼ困難かと思われますのでエサを絞り肥満にさせないことを第一に考えましょう.




また飼育下でテレビで見るような2メートル級まで成長することは割と稀です.









*既製品ではこちらのケージが最大です↓↓↓









サブアダルト程度まででしたらこのケージでも十分可能ですしイエローヘッドモニターなどの半樹上棲のモニターでは終生飼育をすることが可能と思います.



*イエローヘッドモニターの飼育はこちらをチェック↓↓↓





ただ幼体の時からあまりに広すぎるケージでは逃げ回れるためなかなか慣れにくいといったこともあります.



そのため,段階的に大きくしていくことも考慮し最初は
60㎝ほどのケージからスタートしてもいいかと思います.








*グラステラリウムは前面扉が大きくメンテナンスもしやすくオススメです↓↓↓











2.モレリアのケージについて


IMG_5904





*モレリアの飼育方法はこちらをチェック↓↓↓




モレリアのようなデザイナーズパイソン達はコレクション性が高くシンプルなケージにシンプルな内装で並べて飼育することが多いですね





■飼育ケージのサイズ





とくにグリーンパイソンなどはオールガラスケージを並べで飼育するとインテリアとしても非常に際立つかと思います.




モレリアはボールパイソンなどと比較すると上下運動などよくしますし活動性が高い傾向にあります.




よく言われるのがとぐろを巻いた個体が4匹入る程度の大きさと言われていますので,それを参考に大きさを検討されるといいと思います.





IMG_20180522_220254







■モレリアの飼育ケージの注意点




注意したいことはグリーンパイソンのように完全樹上棲のパイソン以外は可能な限り登り木は入れない方がいいと思います.




なぜか野生に帰ります.気性が荒くなるというか飛んできます...




また爬虫類飼育に大切な保温についてですが,床面積の1/3~半分程度をホットスポットとしておき,必ず涼める場所を確保するようにしてください





IMG_20180521_132901 1




上記写真では現在セントラルパイソンのいるあたりがホットスポットで手前が涼しい水場となっています.









*スネークラックのように衣装ケースを改良した様な飼育ケースは生体を多く飼育されている方に愛用されています.








*ゼンスイ タフラックは非常にスタイリッシュな作りでインテリア的にもおススメです.










*1~2匹を飼育する場合には最も入手しやすく,管理・インテリア性の高いグラステラリウムのケージをおすすめします.












3.自作木製ケージ







 恐らくモニターや大型のモレリアを飼育している人が必ず一度は考える



「自作ケージ」



既製品と違い生体と部屋の大きさとに合わせることが出来るのでぜひともチャレンジしていただきたいです






モニターの自作木製ケージ

IMG_20180522_220221










自作スネークタワー


IMG_20180521_125655















■自作木製ケージのメリット
 

 ・思い通りのサイズにできる

 ・匂いが吸収される

 ・内装の自由度が高い

 ・冬は保温性が高い






まずなんといっても自由度の高さです.大きさ,高さ,奥行,内装ある程度のものは自由に設計ができます.そして木製なので糞や尿の臭いを緩和してくれます.もちろんペットシーツの効果もありますが






■自作ケージのデメリット


 ・作製に時間がかかる

 ・防水処理が大変

 ・歪み

 ・夏場の換気






とにかくデメリットは設計して材料を買って作製する手間ですね



全面ガラスだけはガラス屋にインターネットでもオーダーできるのでしますが,木材は近くのホームセンターで設計図を持って店員さんとあーだこーだ言いながらそろえる必要もあります.



また以外に注意したいのが夏の換気です.熱気が籠りますので簡単に



熱中症で死んでしまうこともあるので注意してください.


IMG_20180522_224221


我が家ではこのスペースにサーキュレーターをおいて夏場の換気を行っています.
(1時間ごとにタイマーセット)










*温度管理も非常に重要となりますのでサーモスタットは必ず準備しましょう↓↓↓











4.まとめ





IMG_20180518_222047


いかがでしたでしょうか?


やはり生き物を飼う以上,


「最高の環境を用意する」


これに尽きるのではないでしょうか?これから始めてみる方も,飼育されている方もぜひ参考にしてみてください.


こちらの記事も合わせてどうぞ↓↓↓



**生き物を飼育することの是非はここでは問いません.また,本記事は飼育を促進するためものではありません.
生き物を飼育することは命を預かることです.その生体を最後まで責任を持って飼育することが飼育者の義務です.飼えなくなったという理由で逃がしたりすることは絶対にやめましょう