1527294041664





長州クリプター
です.

ゴールデンウイークも終わりいよいよ夏に向けて季節が移り変わり始めました.

夏といえばキャンプと想像される方も多いかと思います.

ですがやはり 

・暑い ・清潔感 ・虫 

などマイナスイメージもあるかと思います.

ですでのそのマイナスイメージを払拭するように今回はキャンプのベストシーズンについて少しまとめました.




【キャンプ歴5年の私が思うベストシーズン】


ずばり初夏です

IMG_2189




恐らく多くのキャンパーは梅雨が明けてから夏休みシーズンに入ってから行動開始する人が多いのではないでしょうか?

なぜ初夏をおすすめするかというと


1.人が少ない

2.設営時の気温がちょうどいい

3.虫が少ない

(番外編)蛍が見られる






1.人が少ない

863db7e1bda18714255225d7db6cb812_t


この1.については結構ポイントで,とにかくキャンプの醍醐味は外で食べる夕食と夜ですよね!

それが夏休みシーズンになるとどうしても人が多くなってしまい騒がしくなってしまいますね.こればかりはどうしようもない...



もちろん,賑やかなキャンプも最高ですし、昼や夕食時に大いに騒いで盛り上がることはいいのですが,キャンプ場の夜は早いですからねぇ.


もしも21時以降にもドンチャン騒ぎしてしまうようなグループと巡り会ってしまっては,せっかくのキャンプも余計なストレスを抱えてしまうことも…




また小さいお子様とのキャンプの際も夜泣きしたらどうしよう…など他のキャンパーへの配慮も気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?


そういったことも考慮するとやはり人の少ないシーズンは開放的にもなりストレスも発散出来て最高だと思います.



2.設営時の気温


P5021814


これは真夏に設営したことがある方ならおわかりと思いますが、


あの暑さはしんどいですよね.

熱中症
の危険性もありますし,設営に手間取って妻や子供たちからのプレッシャー…


こんな感じでは設営が終わるころにはクタクタもしくはちょっと険悪な空気になるかもしれません



もちろん事前の準備や設営の慣れなどはあるかもしれませんが、真夏の暑さは正常な判断能力をも鈍らせますので.


初夏であれば気温は23~27度程度と日陰に入れば非常に心地よく,半袖で気持ちのいい汗をかきながら設営できるでしょう.



3.虫が少ない 


imomusi

キャンプは好きだけど虫はちょっと、、、

そういった方も多いですね.ごもっともです.うちも妻が虫が苦手で毎回キャンプに行くときは万全の対策を練っていくのですが、こればかりは限界がありますね.


「だったら虫がいない時期に行こう」



そうなんです!いない時期、もしくは少ない時期に行けばその悩みも解決するのではないでしょうか

全くいない時期となると冬キャンプになってしまい,一般的にはハードルが高いのですが、春~初夏にかけては地域やキャンプ場にもよるとは思いますが、かなり快適に過ごせると思います.

ですが決してゼロというわけではないので我家はこちらが必需品です.



体に身に着けるタイプより効果的です.


万が一サイト内に出てしまっても,なるべくその場で仕留めたいところではありますのでこちらもいつも携帯はしています.





番外編:蛍が見れる

これは場所によると思いますが、初夏の夜って風が気持ちがいいし、カエルの鳴き声など聞こえて非常に夜は心地がいいんですよ.そんな中でも、渓流なんかでキャンプをすると、蛍も見れたりなんかします.

静寂に包まれた大自然の中で蛍を独り占めできるのなんてほんと贅沢ですよ!(^^)!


ホタル 合成 3枚
*少し前になりますが、テントサイトのすぐ近くで撮影しました.




【初夏のキャンプのデメリット】


「ありません!!」


と言いたいところですが、


・昼と夜の寒暖差


これだけは本当に注意した方がいいと思います.

昼は気温も少し汗ばみ,夜も就寝前くらいまでは風が気持ちがいいのですが、深夜~朝方にかけては本当に底冷えします.

思っている以上に冷えます.

ですので、初夏にキャンプに行く際は快適使用温度が~5℃くらいのシュラフと、もし電源サイトがあるキャンプ場でしたら野外用の延長コードを使って小さいセラミックヒーターなど持って行かれると非常に重宝されると思います.

*セラミックヒーターをテントで使用する際は就寝前と起床時にテント内を温める程度にしてください.






【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

楽しくキャンプをするためには事前準備が必要不可欠.

ただ慣れてくると前日の準備も当日の設営もすぐにできるようになりますし、何もない自然の中から子供と一緒に遊びを見つけていければ創造力も掻き立てられます。


そして何より日々の喧騒から解き放たれて日々の悩みなんてバカバカしくなると思います.


簡単に設営&オシャレにサイトを彩るならティピがおすすめです.

設営も本当に簡単ですし、ティピの弱点の雨に対しても前室があることで雨がテント内に入ることを防いでくれます.