IMG_20180913_222550




長州クリプターです.




【爬虫類界で最強は誰だ?!】

第3回
 可愛さ部門





爬虫類界で最強を3部門に渡って連載していますが,今回で最終章となります.


第1回は恐ろしい毒を持つ毒部門




第2回は驚異の力を兼ね備えた大きさ部門



そして第3回目にあたる今回は,3部門の中ではある意味では最も恐ろしい部門



【可愛さ】



についてです.


昨今の爬虫類人気を牽引しているものは世界的に見ても可愛い,キュートな生体たちです.


SNSを覗いて見てください.世界中でうちの子一番SHOWが開催されています.


恐らく世界中で多くの人間の心が彼らの餌食になっていることでしょう.


今回はそんな可愛さ抜群の爬虫類たちをまとめていきます.




   【目次】


    ■レオパードゲッコー

    ■フトアゴヒゲトカゲ

    ■サバンナモニター(ベビー)

    ■ガーゴイル&クレストゲッコー

    ■サルファモニター


    【まとめ】






■レオパードゲッコー


まずは可愛さでは誰もが認めるレジェンド


ヒョウモントカゲモドキこと



レオパードゲッコー

通称:レオパ




イスラエルやパキスタンなどの乾燥した砂漠・草原地帯に生息する夜行性のヤモリです.


CB化が世界中で進み,恐らく現在流通している全ての生体はCB個体でまず間違いはないでしょう.
(逆にWC個体は見たことがない)



「可愛いってもヤモリでしょ?」

「壁チョロ(方言?)のこと?」

「何が可愛いんだ?!」



恐らく多くの方はそう思うことでしょう.


こちらをご覧ください.

20180623173708


20180623173715


IMG_20180624_214111





いかがでしょうか?


次にTwitterで


#レオパ #レオパードゲッコー


またInstagramでは


#reptilelover



あたりで検索してみてください.



あなたはとんでもないものを盗まれてしまうかもしれません.

それは


関連画像

あなたの心です.






冗談はさておき,非常に愛らしくてさらにはあまり大型化しない.
(大型になる品種もいる)



そして紫外線などの設備投資が少ない点も人気に火が付いた要因ではないでしょうか.




・可愛く

・大きくならず


・お金がかからず


・人馴れしやすく


・飼育ケージも小さく


・エサも大人は週2-3回





いいことばかりではないですか.これは一人暮らしの女性や小さなお子様がいらっしゃる家庭でも飼育できそうですね.


ただ,唯一というか最大の弱点がありました.


それは,



「昆虫を食べる」



コオロギやデュビア,ワーム類などです.


この時点でアウトな方が多かったこともまた事実ですが,それもまた過去の話になろうとしています.


現在,レオパゲルを始めとした人工飼料が多く開発され,日本だけでなく世界的に開発が進んでいます.


そしてびっくりすることに,よく食べる個体が多いです.








管理も冷蔵庫で1カ月は持ちますし,インターネットでは実店舗よりかなり安く購入が可能です.
(私はいつもAmazonで購入しています)



こうして最大の弱点を克服したレオパ様は我々人類を日々のお世話を勤しむ奴隷としたのでした.





■フトアゴヒゲトカゲ


続きまして世界の誰もが認める爬虫類界のスーパースター


フトアゴヒゲトカゲ



フトアゴヒゲトカゲ

通称:おっさん





・人馴れしやすく

・大人は野菜も食べる


・人工飼料をよく食べる


・大きくなりすぎない


・ぽっちゃりして可愛い



などこちらも良いことばかりです.

唯一設備投資に関しては,レオパよりはお金がかかると思った方がいいです.




・紫外線

・バスキングライト


・飼育ケージ(60cmは最低でも必要)


・パネルヒーター






また本種に関しても人工飼料はよく食べます.










ですが,本種は幼体時に必ずと言っていいほど昆虫は与える必要があります.


時折,草食性の爬虫類として紹介されているのを見かけますが,あくまで野菜なども食べるだけであって,正確には雑食性です.


ただし,成長とともに腎機能への影響も考慮し,昆虫のように高タンパクな食事は控え,野菜メインに変更していく必要はあります.


爬虫類イベントや公園などでリードをつけて肩に乗せて散歩されている方などよく見かけます.


とても人馴れしやすい本種は最高のペットリザードであることに異論はないと思います.


そして本種は非常に愛らしいおっさんなのですが,唯一の欠点は





「糞が臭い」






とにかく本種は糞が臭いし大きいです.


肉食性の爬虫類は糞が臭い傾向にありますが,雑食性のものはその傾向が強いと思います.


とくにフトアゴヒゲトカゲアオジタトカゲは臭います.


ただ,本種は非常に頭が良い?のかきれい好き?なのかは不明ですが


糞を出す習慣を覚えさせることは可能です.


ある時間に温浴をする,ケージ外のペットシーツに移動するなど,糞をするイベントを作ってやれば80%くらいはそこで糞をするようになります.


これは個体差もありますが,時間を掛ければ答えてくれる種であるとは思います.




こうして世の爬虫類好きはこの「可愛いおっさん」にどんどん自分の時間を奪われていくのでした.






■サバンナモニター(ベビー)



IMG_20180829_162642


次に紹介するのはオオトカゲ・モニター界のアイドル





サバンナモニター

通称:サバモニ






本種は以前にも記事にしてまとめていますが,春先から初夏にかけてFHのベビーが安価で大量に出回ります.


この記事を書いているのが9月なので,現在でしたら少し成長した個体が約8000~10000円程で流通していると思います.


本種の人気がある理由としては



・安価

・人馴れしやすい


・手足が短くて可愛い


・SNS




やはり安価というのは飼育を開始するにあったってハードルが非常に下がります.
(決して安いから飼育が容易というわけではない)


そして本種は概ね人馴れしやすく立体活動もあまりしないため爪もそこまで鋭くありません.


そしてSNSの影響もかなり大きいのではとも思われます.


SNSでいわゆる「抱きトカゲ」として挙げられるトカゲではダントツでNo.1ではないでしょうか.
(次がテグーあたりかな)


ある程度大きくなり頭も良く,人馴れしやすい.まさにペットリザードにはうってつけです.


ですが,やはり本種も生体は安価ですが設備投資に非常にお金がかかります.

フトアゴヒゲトカゲよりもうワンランク設備投資がかかると思っていただければと思います.



・バスキングライト

・紫外線灯

・パネルヒーター

・暖突などの保温器具

・飼育ケージ




ですが,一度飼育環境を整えてあげれば本種は驚くほど早い成長を見せてくれます.


そして,ほとんどの個体でエサに対して非常に貪欲なので,飼育者を見るとご飯をくれると思いすっ飛んできます.


仕事していても外出していても早くご飯を挙げたい,バスキング姿を見たい,もはや頭からサバモニちゃんが離れなくなってしまいます.




こうして私たちは抱きトカゲにまんまと抱き込まれてしまうのです.




■ガーゴイル&クレストゲッコー


関連画像

「gargoyle gecko」の画像検索結果


次はヤモリ界のナイトフィーバー




ガーゴイル&クレストゲッコー

通称:ガーゴ・クレス




ヒョウモントカゲモドキ・レオパが地表性ヤモリのレジェンドなら樹上性はガーゴイルゲッコー,クレストゲッコーであることに異論はないと思います.


本種たちはレオパと違い,樹上性の傾向が強くガラス面も登ることが出来ます.


飼育には高さのあるケージが必要ですが,ガラス面も立体活動として使うので思っている以上に小さいケージでも飼育は可能です.


本種はニューカレドニアに生息していますが,ヨーロッパなどで積極的にブリーディングが行われ,現在はほとんどWC個体は流通していません.


日本でもポピュラーな品種で,コンスタントに繁殖が行われています.


本種の魅力は何といってもその特徴的な瞳と,人馴れしやすい性格でしょうか.


また,樹上性でガラスケージの側面なども活動領域であるため,それほど大きなケージも必要ないといったところもまた人気の理由かと思います.





また,エサについても専用のゼリーなども販売されており,そちらも人気の理由でしょうね.











■サルファモニター



「???」



爬虫類好きの方でも知っている方はまだ少数派なのかもしれません.


ではなぜここで挙げてきたのか?!


それは







つまりそういうことです.


マイペットリザードだからです.



つまり何が言いたいかといいますと,



「自分の飼っているペットが一番可愛い」



ということではないでしょうか.


犬・猫・小動物・熱帯魚・爬虫類・両生類・昆虫


やはり自分のペットが一番だと思います.





【まとめ】



最後はかなり個人的見解が全開でしたが,いかがでしたでしょうか.


最強の可愛い爬虫類を紹介してまいりました.


もちろん生き物を飼育するということは命に対する責任があります.


可愛いというだけで飼育することは批判を受けてしまうかもしれませんが,やはり飼育するには必ず入り口があります.



・可愛い

・カッコいい


・興味がある




その入り口をくぐれば初心者だろうが上級者だろうが同じ飼育者です.


昨今は動物愛護や殺処分など外来生物を取り巻く環境は日々悪化の一途を辿っています.


今目の前で飼育しているペットが最強の可愛い爬虫類のはずです.


ぜひ最後まで愛くるしい子たちに愛情を注いでいただければと思います.