IMG_20180911_205325




長州クリプターです
 


3回に渡って連載している




【爬虫類界で最強は誰だ?!】




前回は【毒部門】についてでした.




タイパンやブラックマンバ,また身近な毒ヘビ「ヤマカガシ」ついてその危険性と毒の性質などをまとめました.


今回は【大きさ部門】です.



大きさ=強さ



デカくて狂暴,そしてパワーがある.


そんな最強爬虫類たちを個人的にノミネートしました.





   【目次】


       第2回

   【大きさ部門】


    ■アミメニシキヘビ

    ■アフリカンロックパイソン

    ■オオアナコンダ

    ■クロコダイルモニター

    ■オリーブパイソン



   【まとめ】





【大きさ部門】




大きさ=狂暴というわけではないのですが,やはり大きい分人間に与える危険度は高くなることに違いはありません.


ちなみにいずれも個人で飼育している人は国内にいらっしゃいます.
(特定動物)




■アミメニシキヘビ


アミメニシキヘビ
出典:動物図鑑


まずはアミメニシキヘビです.ビルマニシキヘビとも混同しがちですが別種です.



別名:レティキュレートパイソン

通称:レティック




インドやインドネシア,ベトナムやフィリピンなど東南アジアを中心に分布しています.


世界最長のヘビの一種です.


amimenisiki



分布が広いため地域差はあるものの,概ね6m前後には成長し,最大で9mの個体も記録されています.


このカテゴリーのヘビたちは毒ヘビと違い,自身の体で巻き付き絞め殺します.



・飲み込みやすいように骨をバラバラに砕く

・締め付けて窒息させる




などとよく言われますが,正確には




・強く締め付け心臓を止める




本種は人間をも捕食するほど大きなヘビです.


2018年5月にインドネシアのスマトラ州にて行方不明になっていた女性がヘビのお腹から発見されるというショッキングなニュースが報じられました.


*閲覧注意 ニシキヘビがまた人を丸のみに、事故増えている?


アミメニシキヘビに獲物として認識され締め付けられるなど考えただけでゾッとします.



3m
超えたあたりから本気で締め付けられると恐らく1人の力で外すことは困難です.



2012年には不幸なことに,なんと日本でもペットショップ飼育場で飼育していたアミメニシキヘビに人が襲われ死亡するニュースが起きています.



ニシキヘビに襲われ?男性死亡 茨城のペットショップ飼育場



また,日本でも本種を飼育している人も少なからずいます.



ですが飼育者は皆,爬虫類の扱いに非常に長けた方々です.


絶対に安易な気持ちでの飼育はおすすめできません.
(特定動物の許可が必要)




■アフリカンロックパイソン


afurikanishiki


次にアフリカンロックパイソンです.



通称:アフリカニシキヘビ



アフリカ最大のヘビで,サハラ砂漠以南のアフリカ大陸に広く分布しており,半砂漠地帯や熱帯雨林,草原や河川・沼地など様々な場所に生息しています.


全長:平均5m

最大全長:7.5m




この種も巨大で締め付ける力は相当なものです.


また本種はアミメニシキヘビの様なギラギラした感じがなくどことなくマットな質感を持っています.



その為,本種も日本では大蛇飼いの方々にファンも多く,許可を得たうえで飼育している方もいらっしゃいます.




ですが,やはり人間に危害を加えた場合には最悪の事態も想定して飼育する必要があることは言うまでもないかと思います.


2013年カナダで就寝中の男児2人が,ペットショップから逃げ出したアフリカニシキヘビに絞め殺されるといった痛ましい事件も起きています.


男児を襲ったアフリカニシキヘビとは?


また,ニシキヘビ全般に言えることですが,本種は非常に飢餓に強いといわれます.


2年9カ月もの間,絶食をしたといった記録もあります.




■オオアナコンダ


anaconda
出典:mentalfloss


アミメニシキヘビと同様,世界最大ヘビの一種です.




全長:4m~7m

最大全長:9m





南アメリカ大陸のアマゾン川周辺に分布しています.


本種は非常に水生が強く,目と鼻が上部に位置しており水中生活に適した体をしています.


繁殖形態は卵胎生で,お腹の中で卵が孵り幼体が総排泄孔より生まれます.




1999年,ハリウッドにてジェニファー・ロペス主演で公開された



「anaconda 映画」の画像検索結果



映画に出てくる巨大なアナコンダですが,実際あのサイズまでは大きくなりませんが,最近ではなんと16m級のアナコンダが発見されています.



世界最大のヘビ



これほど巨大なヘビがいるとは,驚きを隠せませんね.



ですが,この映画を見た人に爬虫類飼育者として言いたいことは





「アナコンダは鳴きません」






本種はアミメニシキヘビ同様に巨大で非常に危険な生物であることに変わりありませんが,人間を襲ったといった記録はありません.
(リサーチ不足であればすみません)




捕食後のヘビはそこまで
遠くへは移動しません.


近くの安全な場所で食べたものをゆっくりと消化するためです.


ですので人が行方不明になった現場のすぐ近くで大きなお腹をしたアミメニシキヘビを発見し,お腹を割いてみると…



どこかで聞いた童話の様な話ですね…




しかしアナコンダについては水生が強いため狩りも水中で行うことが多いです.


ですので万が一人が襲われる場合も水中である可能性が高い.


そうなると発見は困難ですので,記録としてはないのかもしれません.




■クロコダイルモニター

「crocodile monitor」の画像検索結果


次にトカゲ界最長のモンスターです.




通称:ハナブトオオトカゲ




国内で飼育できるオオトカゲの中で唯一特定動物に指定されている生体です.
(コモドドラゴンはそもそも飼育不可)



全長:2.5m~3m

最大全長:4.5m




「全長4.5mのトカゲだと?!」
images (9)



もはやモンスターパニック映画じゃないか.


と思ってしまうかもしれませんが,本種は樹上棲のオオトカゲで全長の2/3は尻尾です.


「crocodile monitor」の画像検索結果



更には樹上棲モニターの特徴で非常にスリムな体型をしているため,最大のトカゲコモドドラゴンより全長は大きいものの,数字以上に小さく見えると思います.



ですが,それでも平均で2.5~3mですので,危険であることに変わりありません.




本種は頭部が発達しており,T-REXの様な顔をしています.


2370


当然,噛む力は非常に強く,歯も鋭い.



そして樹上棲トカゲの特徴,鋭い爪も持っています.


547477305-perentie-claw-animal-outback-sand



人間を死に至らしめる殺傷能力はありませんが,オオトカゲの中でも特に危険な種であることに異論はないと思います.





■オリーブパイソン


IMG_20180823_194759



最後にオーストラリアの帝王




オリーブパイソン

通称:モコミ…
うっ頭が…




現在日本で特定生物に指定されている爬虫類はアミメニシキヘビやビルマニシキヘビ,アメジストやボアコンなどの大蛇,毒蛇全種やワニ全種,そしてクロコダイルモニターです.


そんな中,許可なしで飼育可能な4m超えの大蛇が2匹ほどいます.




■オリーブパイソン

■ベーレンパイソン




ベーレンパイソンももちろん大きさ的には同等ですが,かなり温厚というか独特な性格?をしているため,除外しました.


IMG_20180905_223358



オリーブパイソンについては,飼育者でしたらお分かりいただけるでしょうが,とても貪欲な食欲をしており,成長が非常に早いです.


個体差はもちろんありますが,ここまで素直に




「なんでも食うなコイツ」




と思った生体は初めてです.


現地のオーストラリア,ノーザンテリトリーではワニを捕食する姿も目撃されたりと何とも恐ろしいヘビです.


c5ifp6a0aac11



ただし,現在までに人間が襲われたという報告はなく,オーストラリアNo.1の大きさではないので,危険度としてはアミメニシキヘビやアフリカニシキヘビには劣るやもしれませんね.


ではなぜ紹介したのか?






【まとめ】



いかがでしたでしょうか.


第2回の今回は【大きさ部門】についてまとめました.


やはり大きさでいえば圧倒的にニシキヘビ・ボアが頭一つ以上抜き出ています.


そしてやはり大きいということは毒とはまた違った脅威があります.



ですが,クロコダイルモニターオリーブパイソンも負けずとも劣らず大きくそしてDangerな種であることは疑いようのない事実です.




次回は【可愛さ部門】についてまとめていきます.




ある意味では人間の心を簡単に奪う恐ろしい部門でもあると思われます.




お楽しみに.