IMG_20180815_222014 1



長州クリプター@Twitter)です. 













【爬虫類の飼育ケージ】

~どれを選べばいいの?~














爬虫類を飼育するうえでほとんど全ての方に必要な飼育ケージ.




ですが,はじめて飼育をするうえでどのケージを選べばいいかわからない.




どういったケージが適切のか.




今回はそういった疑問について考えていきたいと思います.





   【目次】


   ・飼育ケージの選び方


    ■地表棲
    ■樹上棲
    ■オールラウンド

   ・種類ごとのケージ

    ■小型ヘビ
    ■大型ヘビ
    ■小型トカゲ
    ■大型トカゲ
    ■カメレオン
    ■陸ガメ
    ■ヤモリ

   ・まとめ









・飼育ケージの選び方




飼育ケージの選び方についてですが,飼育生体によって変わってきますし,その生体の最終的な大きさによっても選ぶ種類は変わってきます.






 ■地表棲




地表棲を中心とした種類には床面積の広いケージが最適です.




フトアゴヒゲトカゲなどのアガマ系,サバンナモニターやグールドモニターなどの地表棲モニター,パイソン各種などがこれにあたります.




基本的にはそこまで立体活動はしないため,高さはあまりなくても良いです.






*高さを抑えたケージは意外に選択肢が少ないのですが,グラステラリウムは前面扉が大きく開放できるので,メンテナンスがしやすくオススメです.








 ■樹上棲




樹上性を中心とした種類には高さのあるケージが必要です.




カメレオンやツリーモニター系,グリーンパイソンなどがこれにあたります.パイソン各種(カーペットパイソンなど)も立体活動を促すために登り木があってもいいです.




高さが必要となるため大掛かりな飼育ケージとなりやすいですが,GEXには床面積を抑えた飼育ケージも販売されています.








*高さのあるケージは大型のものが多かったのですが,こちらのケージは床面積も45㎝と程よい大きさで取り回しも効くためおススメです.







 ■オールラウンド




いわゆるスタンダードな飼育ケージで多くの種類に適応できます.最も一般的なサイズは600×450×450です.




初期のモニター飼育,フトアゴヒゲトカゲ,パイソン各種など様々な生体におすすめです.




まずはこのケージから始めてみる方が無難かもしれません.











*タフキュービックはアルミ製のフレームで今までにない斬新なケージです.










・種類ごとのケージ




次に各種類ごとの飼育ケージについてみていきます.






 ■小型ヘビ




ナミヘビ科の幼体~ヤング,パイソンの幼体期などです.







飼育ケージは専用のガラス水槽より専用のプラケースなどを用いることが可能です.






またこういったアクリルのレプタイルボックスなども見た目にもスタイリッシュで機能性にも優れています.




注意していただきたい事は,小型のナミヘビなどはかなり小さな隙間からでも脱走します.




可能な限り専用の既製品を使用するようにしましょう.小型のヘビは脱走されると見つけることはほぼ不可能に近いです.







*数匹以上飼育する場合はこういったケージが管理もしやすくオススメです.









 ■大型ヘビ




大型ヘビは主にパイソンやボアがこれにあたります(特定は除く).




ある程度の大きさまでは衣装ケースなどでも飼育は可能ですが,ある程度は強度のなるケージや,その迫力をよく観察できるガラスケージなどでも良いと思っています.







*初めて飼育する場合はまずは既製品のケージから始められることをおすすめします.









*衣装ケースを改良したこういったケージも販売されています.










 ■小型トカゲ




カナヘビやフトアゴヒゲトカゲなどのアガマ系,ドワーフモニター系などです.




アガマ系は登り木よりは岩などしっかり熱を帯びるものの方がいいですし,あまり高さは必要ありません.




高さがないケージは保温がしやすい反面,オーバーヒートには十分注意が必要です.




最終的な大きさを考慮するなら60cm水槽でもいいです.













カナヘビなど小さなトカゲは45cmケージで終生飼育が可能なこともあります.ドワーフモニターなども45cmケージから始めてしっかり慣らしていってもいいでしょう.







*グラステラリウムの45✕30は非常にコンパクトで扱いやすいです.








 ■大型トカゲ





モニターやテグーをはじめとする大型種のトカゲです.




サルバトールモニターなどは既製品では限界がありますので自作ケージか放し飼いになります.




飼い初めのベビーなどは小型トカゲに準じてもいいでしょうが,最終的には自作ケージやオーダーケージも考慮する必要があります.




GEXのケージは背面も登ることが可能で立体活動もできます.また,前面が両開きでメンテナンスも非常にしやすく,オールガラスケージのような美しさもあります.













*ニッソーとトップテラのケージは堅牢さと重厚感があり,非常に存在感のあるケージです.





120cmケージでも収まらない場合はオーダーケージか自作ケージになります.




*自作ケージについてはこちらをチェック↓↓↓








 ■カメレオン




カメレオンは樹上性のトカゲで,そのほとんどを木の上で過ごします.




手の形状からあまり太い木よりも程よく細い木を伝って歩くため,レイアウトとしては細めの登り木をいくつも入れ重ねていくといった感じでしょうか.






*ジャングルヴァインは形状を整えやすく,カメレオンの飼育には非常に重宝すると思います.










ケージとしてはやはり高さのあるものが基本です.通気性が非常に大切ですのでケージは必ず風通しのいい場所に置くようにしましょう(冬季は温度低下に注意が必要)








*飼育セットは初めてカメレオンを飼育する場合にとてもおススメです.










 ■陸ガメ




陸ガメは基本的には地表棲トカゲのケージに準じて良いと思います.彼らは立体活動をほとんど行いませんのでとにかく床面積の確保が重要です.




また,温度勾配も重要なので可能な限り広いケージが必要です.










陸ガメは強い紫外線と日陰が必要なので飼育する際は床面積を中心としたケージを用意するようにしましょう.







*まさにリクガメの為のケージといった感じです.可愛らしくて良いですね.








 ■ヤモリ




ヤモリについても地表棲ヤモリか樹上棲ヤモリかで飼育ケージは変わってきます.




ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)を中心とした地表棲ヤモリはそこまで高さは必要なくレプタケースやレプタイルボックスなどで十分飼育は可能です.











樹上棲のヤモリについてもそこまで大きなケージは必要なく,グラステラリウムの高さがあるケージで十分です.





ガーゴイルゲッコーやクレスなどはナノサイズでの飼育も十分可能です.







*ナノサイズで飼育できる生体は限られますがコンパクトで使いやすいです.









樹上棲ヤモリでは特に湿度が非常に重要です.





そのためある程度の気密性は必要なのですが,あまり蒸れすぎるとカビが発生したり,臭いの原因にもなりますので,市販のケージが最も安定しているかもしれません.







・まとめ




いかがでしたでしょうか.




初めて爬虫類を飼育する際にはどのケージにすればいいのか迷うこともあるかと思います.




生体に応じたレイアウトや飼育ケージ,そして飼育環境を用意することは飼育者の義務でもあります.




昨今は飼育ケージも専用の物が多く出回っていますので,参考にしていただければ幸いです.





こちらの記事も合わせてどうぞ↓↓↓





**生き物を飼育することの是非はここでは問いません.また,本記事は飼育を促進するためものではありません.
生き物を飼育することは命を預かることです.その生体を最後まで責任を持って飼育することが飼育者の義務です.飼えなくなったという理由で逃がしたりすることは絶対にやめましょう